日本広報販促士会

日本広報販促士会 日本広報販促士会は、広報宣伝担当者の人材育成の一環として、広報宣伝プランナー、販売促進士、販売促進コーディネーター資格を認定しています。
これらの資格は、広告、広報、販促企画、営業企画、商品企画、商品開発、販売チャネル戦略構築で活躍する、専門家資格です。

資格の登録と更新

販売促進士会の資格は、登録制となっております。研修後の小試験に合格された後、資格登録手続きを完了いただくことで、資格が認定されます。試験合格後、住民票抄本(本人のみ)3か月以内、資格登録申請書のご提出と資格登録料24,200円(税込)(初回資格登録料11,000円、年間登録料13,200円)のお支払いにより、それぞれの資格認定証を発行いたします。

※資格を昇級された場合、資格登録料および年間登録料を新たに重複して頂戴することはございません。
※次年度以降は、年間登録料13,200円のみで登録更新されます。
※登録期間途中で登録解除される場合、ご返金はいたしません。

資格認定者のメリット

1.MM戦略会議(MMP研修)セミナー、認定講師研修、MM研究会、特別研修、イベントなどに参加できます。

2.経済産業省認可のJSRセールスレップ協同組合組合員への推薦をさせていただきます。組合員になると全国の有力な商材情報が得られます(販売促進士資格者以上)。

3.他の資格認定団体にはこれまでなかった資格活用を重んじています。経済産業省認可の「セールスレップ協同組合との連携」により公的機関の各種支援事業を通じて、より実践的なカリキュラムを常時展開しています。

4.さらに、様々な機能の充実を図り、その道のプロがいてその先輩や仲間が教えあい、助け合うという考え方を目的として、MMP研修会の他、交流会、懇親会などを実施しています。

ロゴマークの活用

資格認定者が、一般の人々にもはっきりとわかるための認定マークです。このマークの使用は、資格認定者に限ります。資格認定者は、文具用品(名刺、封筒、レターヘッド、提案書など)にロゴマークを使用することができます。
マークを活用することによって、メーカー企業・販売ルート先企業などは、資格認定者であることをすぐに確認でき、かつマーケットにおいて識別できることを目的としています。詳しくは資格の記載方法をご覧ください。

資格認定者の購読紙 情報誌エキスパートを隔月郵送

情報誌エキスパートで、各種イベント、特別講習会、各地域の交流会、MMP研修会など、資格認定者割引で参加できる情報を提供。MMPリーダー、研修講師としての情報を提供しています。

資格失効の規定

初回登録手続期限・更新期限までに、登録手続きを行わなかった場合

期限までに、登録・更新手続きを行わなかった場合は、改めて試験もしくは研修の再受験、再受講となりますので、ご留意ください。該当する方は、本部事務局までご相談ください。

更新期限後、3か月以内に手続きを行った場合の特例措置

更新期限後3か月以内に手続きを行った場合、特例措置として3か月前に1年分の資格登録料を納めた形として、資格登録を継続することができます。
ただし、この場合の更新月は、3か月前に初回登録手続を行ったこととみなしますのでご留意ください。該当する方は、本部事務局までご相談ください。

退会における規定

退会する場合は、お問い合わせフォームからご連絡ください。その後、事務局から指定書式をお送りしますので、ご記入いただきご郵送ください。郵送が到着時点で退会完了となり、その後の更新料はいただきません。