日本広報販促士会

日本広報販促士会 日本広報販促士会は、広報宣伝担当者の人材育成の一環として、広報宣伝プランナー、販売促進士、販売促進コーディネーター資格を認定しています。
これらの資格は、広告、広報、販促企画、営業企画、商品企画、商品開発、販売チャネル戦略構築で活躍する、専門家資格です。

資格の記載方法

広報販促士会の資格を名刺などに記載する際は、下記ご利用案内をご確認の上、ご活用ください。

1.基本ルール

・登録資格は、資格登録者以外の使用は認められていません。
・資格登録者であっても、資格登録者の会社名やロゴの一部として使用することはできません。
・登録資格を変更したり、何かを付け加えたりすることは認められていません。
・資格登録者個人名近くに登録資格を置き、個人名と登録資格の関連付けを明白にしてください。
・利用時点での登録資格と級数を正しく表記しなければなりません。

2.登録資格ごとの表記

・利用時点での登録資格ごとに、表記が定められております。
・広報宣伝プランナー資格登録者の場合…JSP認定 広報宣伝プランナー
・販売促進士資格登録者の場合…JSP認定 販売促進士
・販売促進コーディネーター資格登録者の場合…JSP認定 販売促進コーディネーター
・マネジメントマーケティング・コーディネーター…JMC認定 マネジメントマーケティングコーディネーター、もしくはJMC認定 MMCO

ロゴマークの申請

広報販促士会の資格者であることが、一般の人々にもはっきりとわかるための認定マークをご利用いただけます。このマークの使用は、資格登録者をされた方に限ります。広報販促士会の資格者は、文具用品(名刺、封筒、レターヘッド、提案書など)にJSP認定マークを使用することができます。JSPマークを活用することによって、顧客企業などは、広報販促士会資格者であることをすぐに確認できます。

JSP認定マークの使用方法

自らの文具用品(名刺、封筒、レターヘッド、提案書など)に認定マークを使用することができます。 広報販促士会認定マークはJMCの頭文字により構成されています。変更したり、何かを付け加えたりしてはなりません。 広報販促士会認定マークは、資格登録者個人名近くにマークを配置し、資格登録者の名前と認定マークの関連性を明白にするようにしてください。また、認定マークの近くに登録資格を表記しなければなりません。認定マークのみで利用することは認められておりません。

広報販促士会認定マークの使用許諾

認定マークの使用にあたりましては、別途使用申請が必要です。認定マークの使用をご希望される場合は、下記申請フォームよりご連絡ください。
ロゴマーク使用申請フォーム