日本販売促進士会が認定する販売促進士資格は、広告、広報、販促企画、営業企画、商品企画、商品開発、販売チャネル戦略構築で活躍する、専門家資格です。
jsp日本販売促進士会
TOP   無料メールマガジン登録   認定研修・試験日程   プレス  
販売促進士とは 販売促進士になるには 販売促進士スキルアップセミナー 協会について
販売促進士とは
マネジメントマーケティングの考え方
一斉試験で資格取得する
研修と小試験で資格取得する
販売促進企画スキルアップ
MMPリーダー研修
協会案内
学校連携・企業研修
jsp日本販売促進士会

販売促進士資格認定制度
販売促進士とは
資格のご質問(FAQ)
公式テキスト
過去の試験問題より
特例措置
試験日程一覧

研修(小試験)で資格を取得する
販売促進士3級認定研修
試験で資格を取得する
販売促進士3級認定試験
販売促進士2級認定試験
販売促進士1級認定研修試験 
マネジメントマーケティング・ コーディネーター認定試験
MMコーディネーターとは
MMコーディネーター資格認定 
講座・セミナー・研究会・交流会
イベント一覧
マネジメントマーケティング研究会
賀詞交歓会
MMPリーダー研修
MMPリーダー研修通信講座
認定講師講習会
MMP総研

協会のご案内
協会活動のご案内
理事長挨拶
認定講師紹介
認定講師講演セミナー派遣
活動と沿革
学校連携・企業研修
組織体制
交通アクセス
プライバシーについて

資格の更新
資格の登録と更新
資格の記載方法
JMC認定マークの活用

プレス
ニュース/プレス新着情報
無料メールマガジン登録

日本販路コーディネータ協会
セールスレップ・販路コーディネータ協同組合

「広告」「パブリシティ」「人的販売」含み、一貫した商品開発、マーチャンダイジング、営業企画、販売促進企画で展開

日本販売促進士会の認定する販売促進士

このホームページにアクセスいただいた多くの方々は、すでに販売促進についてある程度の知識は持っていると思います。ここでは改めて、どうして近年販売促進の需要が高まっているのかについての確認をします。

販売促進活動とは  自社の製品やサービスの販売を促進するためのさまざまな活動をいいます。

商品やサービスの販売を促進する活動としては「広告」がすぐに思い浮かびますが、より高い販売効果を上げるには、広告による市場への告知や浸透だけでは不十分です。
消費者に自社製品やサービスの購入を意思決定させるためには、商品開発を行うメーカーの広告と連動したさまざまな活動によって消費者の購買意欲を高め、さらにはマーチャンダイジングを行う流通・小売業者の商品サービスの提供が重要です。  

そのための活動の総称が「販売促進(=販促)活動」です。広義には売り手が消費者の購買意欲を刺激し商品を購入させるために行う一連の活動のことをいい、「SPメディア」だけではなく、「広告(アドバタイジング)」「パブリシティ」「人的販売」といった手段を含みます。
さらに、そのマーケットを見ずにツールばかりを語るのでは、商品・サービスにおける効果は発揮されないでしょう。
販売促進のマーケティング上においては、あらゆるメディアは、その商品・サービスのためのツールであるという認識が大切なのです。

販売促進は、売り手が買い手に対して行う需要の喚起と刺激のための諸策をいうわけですが、従来のように商品、サービスを販売するための施策として、SPメディアのみの枠で施策を考えたり、その対策の課題を講じていては、本来の販促の目的は達成されません。

その商品、サービスにとって、どのメディアを選択し、何が一番、より効果を高めることができるのか、さらに、それらのマーケティングミックス(4P等)やコミュニケーションミックス(販売促進、パブリシティ、人的販売等)を基本として立案してこそ、より有効な「販売促進戦略と戦術」が構築できます。

メディアや売り方、見せ方、買い方が変わった社会において、ますますこの販売促進を理解し活用することが重要となります。

そのメディアを有効に高めてこそ、販売促進の本分といえるでしょう。
このように販売促進士には、一貫した商品開発、マーチャンダイジング、 営業企画、販売促進企画のスキルアップが望まれます。

 

<お問い合わせ先>
日本販売促進士会本部/(社)日本販路コーディネータ協会
〒115−0055 東京都北区赤羽西4−4−2 倉上ビル1階
Eメール info@jsp.or.jp(代表)

 

Copyright(c)JMC. All Right Reserved.